高校生プログラム

高校生クッキングは、皆で協力して料理を作ることで、ソーシャルスキルのトレーニングをしようという活動です。

就職であれ、進学であれ、高校3年間は社会へ出ていくための準備期間です。高校卒業後は、ひとりの人間として、自分自身をうまくコントロールして生活していってほしいですね。そのために必要なソーシャルスキルが果たして身についているでしょうか?

高校生クッキングは、「皆で作って、食べて、美味しかった」という気持ちで進めています。料理の段取り・料理の作業・後片付けは、積み重ねていけば、きっと仕事をしていく上で必要なスキルとなります。大変ですが、単品ではなくセットメニューに取り組んでいます。2~3種類の作業を並行して進めていく経験につながるからです。「作業手順を確認する」「わからなかったら聞く」「最後の片付けまで責任を持つ」ことにもつながっていくはずです。

そして、高校生が集まって、料理して、最後は美味しいものをワイワイ一緒に食べる経験が、お互いの仲間意識も育ててくれることでしょう。

今まで作ったメニュー(PDF形式)PDF

2008年度活動

  • 6月8日 アドボカシーワークショップ
  • 8月1日 クッキング&トーク
  • 11月1日 ホースセラピー
  • 3月8日 パン作り体験

2008年度、大阪府福祉基金地域福祉振興助成金から、活動費の一部(講師代等)を助成していただきました。

昨年度から始まった高校生のための本人活動です。
高校生ともなるとなかなか参加がむずかしい方も多いのですが、今年度もいろいろな事を体験させたいという気持ちで取り組んでいきたいと考えています。