おたふく会活動方針・活動計画

活動方針

  1. 本人にとって今何が必要なのか、親(保護者)として今何ができるのか、考えて行動していこう!
  2. 本人の自立や社会参加に向けて、一人ひとりのニーズに応じた、乳幼児期から就労に至るまでの一貫した支援体制の整備を社会へ求めていこう!
  3. 親(保護者)の子育てを支援していこう!
  4. 本人およびその家族が、どの地域に住んでいても、人間としての尊厳が守られ、一生涯にわたりいきいきと暮らしていける社会の実現を目指して取り組んでいこう!

活動計画

  1. 会員間の交流を深め、親の思いを共有していこう!
  2. 他の諸団体との交流を深めネットワークを築いていこう!
  3. 「特別支援教育」「発達障害者支援法」が実際の教育現場などで具体的に取り組まれていくように、人権、教育、福祉・医療、労働等の関係諸機関などへ一層の理解を求め、要望・提案をしていこう!
    また、地域社会に向けて理解を広げ、積極的な支援を求めていこう!
  4. 本人達の仲間づくりやソーシャルスキルトレーニングを進め「生きる力」を育てよう!
  5. 親(保護者)として視野を広げ、本人を取りまく社会について学ぼう!
  6. 親(保護者)の子育てを仲間として支援していこう!
  7. 会の活動を支えてくれるサポート会員を増やし、本人達の理解者・支援者となる人材を広く求めていこう!
  8. 青年の親グループ「チャンス」の活動により、本人達の自立をサポートしていこう!
  9. その他、活動方針に無くとも、会員の積極的なアイデアや会活動にプラスと思われる事は運営委員会の承認を得て、その活動を支援していく。