特別支援教育とは

2003年3月「今後の特別支援教育のあり方(最終報告)」において、「特別支援教育とは、従来の特殊教育の対象の障害だけでなく、LD、ADHD、高機能自閉症を含めて障害のある児童生徒の自立や社会参加に向けて、その一人一人の教育的ニーズを把握して、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するために、適切な教育や指導を通じて必要な支援を行うものである。」と報告がだされました。その後、中央教育審議会での審議を経て、2006年に「学校教育法等の一部を改正する法律案」が国会で成立し、2007年4月から、特別支援教育は、法律に基づいて実施されています。

特別支援教育とは、LD等の発達障害のある児童生徒も含め、障害のある児童生徒の一人一人の教育的ニーズに注目して教育をしていく体制です。そのための各学校において、次のような体制整備および必要であるとされています。

  1. 特別支援教育に関する校内委員会の設置
  2. 実態把握
  3. 特別支援教育コーディネーターの指名
  4. 関係機関との連携を図った「個別の教育支援計画」の策定と活用
  5. 「個別の指導計画」の作成
  6. 教員の専門性の向上

特別支援教育の推進について(通知)(外部リンク)

特別支援教育の概念図

特別支援教育対象の概念図(外部リンク)
主な発達障害の定義について(外部リンク)

【参考】
特別支援教育の分野においても国際生活機能分類(ICF)のさまざまな活用が図られています

国際生活機能分類(ICF)
「これまでのWHO国際障害分類(ICIDH)がマイナス面を分類するという考え方が中心であったのに対し、ICFは、生活機能というプラス面からみるように視点を転換し、さらに環境因子等の観点を加えたことである」とされ、障害者施策の基本となる「障害者基本計画」においても、「障害の理解や適切な施策推進等の観点からその活用方策を検討する」とICFの重要性が明言されています。

「国際生活機能分類」(ICF)(外部リンク)

国立特別支援教育総合研究所(外部リンク)
ICF児童青年期バージョンの教育施策への活用に関する開発的研究

資料室